« 貧乏男子 ボンビーメン | トップページ | 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(DVD) »

2008年3月14日 (金)

ガチ☆ボーイ

「高次脳機能障害」という深刻で重い題材を

学生プロレスを通すことで、

明るく、熱く、笑って泣ける青春映画にしてしまうところが凄い。

自分の障害を自覚し、障害をカバーすべく涙ぐましい努力をしている

主人公に心を打たれる。

記憶出来ない彼はとにかく日記やメモという活字で明日の自分へ伝える。

部屋中に張られたメモに胸をしめつけられる・・・(T_T)

レッドタイフーンはハチクロの真山くん!

こっちの方が断然カッコイイな~。

バスで居眠りしてしまったところから、もう涙腺は緩みっぱなし。

記憶はなくても身体が憶えてるっていうのが、彼の努力と重なって

泣けてくる。

マリリン仮面のドロップキック最高でした~(>_<)

|

« 貧乏男子 ボンビーメン | トップページ | 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(DVD) »

コメント

こんにちは、初めまして。
本当に、感動できて、爽やかな後味のいい作品でした。
バスのシーン、家族のシーン、
そして一人のシーン。。涙腺崩壊でした。
キャプテン役の向井くんもいい雰囲気でしたね!
沢山の方達に観ていただきたい作品でしたhappy01
TBさせて下さいね。

投稿: kira | 2008年3月31日 (月) 12時36分

>kiraさま

TB&コメントありがとうございました。
予想以上に本当にいい映画でした。
学生プロレスものってことで敬遠されてしまうみたいで、
勿体無く思います。


投稿: uni | 2008年4月 9日 (水) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100269/40499516

この記事へのトラックバック一覧です: ガチ☆ボーイ:

» ガチ☆ボーイ [to Heart]
  青春☆ガチンコグラフィティー。 製作年度 2007年 上映時間 120分 脚本 西田征史 監督 小泉徳宏 音楽 佐藤直紀 出演 佐藤隆太/向井理/サエコ/川岡大次郎/瀬川亮/宮川大輔/仲里依紗/西田征史/泉谷しげる TOHOシネマズ、レディースデイの為、ヘルニアもとい、プレミアスクリーン上映も1000円♪ それも嬉しかったけど、コレがなかなかイイ作品でした〜{/body_stand/} {/book_mov/}大学生の五十嵐良一(佐藤隆太)は突然プロレス研究会に入部するが、何でもメモを取る... [続きを読む]

受信: 2008年3月31日 (月) 12時22分

« 貧乏男子 ボンビーメン | トップページ | 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(DVD) »