« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

マイガール

韓国ドラマ、全16話。

イ・ダヘのユリンがとってもかわいい♪

ユリンは健気に明るく、一生懸命に生きてる。

「強くなるのよ」

いつも自分を励ますユリン。

ユリンには何度も泣かされちゃったけど、

「私の愛は嘘じゃないんです」

感動でした・・・・・(T_T)

ジョンウさん、本当に勿体ないわ・・(^_^;)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年11月26日 (月)

クローズ ZERO(その2)

公開5週目に入ったというのに、一列目までほぼ満席状態。(@_@;)

学生さんらしき若者でいっぱいでした。(^.^)

今回は気になっていたことの答えが発見出来て大満足。

それはというと・・・

ラストの戦争のシーンで、源治の後ろポケットから見える白いもの。

初回見た時にも「何だろう」?と思っていましたが、

なんとそれは拳さんからのお手紙でありました。

お父さんから渡された時、ちゃんと後ろポッケにしまっていましたとさ(笑)

細かい演出ですねぇ~~(*_*)

実はもう一つ気になることがあるので、次回確かめて来ます。(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

ボーン・アルティメイタム

大好きなボーンシリーズの3作目。

ちゃんとスプレマシーの続きから始まるところがニクイ。

スリリングな緊張感は更にパワーアップ!

私が最も好きなのは、

アクション映画でありながら、全体のスマートでスタイリッシュな雰囲気。音楽。

そして寡黙で最強のジェイソン・ボーン。

ラストのニッキーの微笑みと絡んで流れる音楽・・・最高ですっ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

7月24日通りのクリスマス(DVD)

私なんていまだに夢見る○○してますからね~(^_^;)

モテない女はあんな風に告白出来ませんて、実際。

パラパラ漫画の彼をはじめ、周りの人間が素敵でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月10日 (土)

僕は妹に恋をする(DVD)

マジで双子の妹ですか~~~(@_@;)

そりぁイケナイでしょう、やっぱり。

しかし、それをイケナイと決めたのはいつからで、誰なんでしょう?

古代ローマではよくそんな話も出てきますし・・・・。

それでも、映像の中の二人を見ていると応援したくなるから不思議です。(^_^;)

矢野くんの告白出来ない恋の相手・・・切ないねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バイオハザードⅢ

このシリーズは全てがミラ・ジョヴォヴィッチに尽きると思います。

ストーリーはこの際何でもありということで(笑)

ますます磨きがかかってホントお美しい(^^♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

酒井家のしあわせ(DVD)

夫が病で死ぬかもという気持ち。

それがどんなものか、私は少しだけわかっている。

その気持ちは酒井家のお母さんの気持ちとはちょっと違うのです。

だから涙は出ませんでした。

夫が男を好きとまで言って家を出るのは案外正解かも・・・・って違うか。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球で最後のふたり

自殺願望のケンジから目が離せなかった。

潔癖症というところも惹かれた。

対照的な不快なほど汚い部屋・・・。

終盤は何が何だか理解出来ないまま終わってしまった。(^_^;)

これは実はラブストーリーだと後で知った。

三池崇史監督を見つけて嬉しかったな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

オリヲン座からの招待状

浅田次郎さんの原作は未読。

同じ昭和30年代をモチーフとした「ALWAYS続・三丁目の夕日」のような、

人情や温かさばかりではない、

生活の厳しさや人間たちの冷たさが現実的で胸が痛い。

そんな中でも、純粋で不器用で慎ましく生きるトヨと留吉に涙が溢れました。

愛の告白遅すぎるってば・・・・(T_T)

それで「いつ死んでもいい」なんて・・・ホント泣けてくる。

祐次と良枝夫妻はやり直せたのでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 7日 (水)

クローズ ZERO

初日に続いて2回目の鑑賞。

もともと喧嘩や暴力シーンは苦手で、小栗旬くんでなかったら

多分スルーしていたと思う。(^_^;)

そんな私がサントラまで即買い(笑)

映画ってホント観てみないとわからないものです。

初回はそんな訳でもの凄く緊張していて力も入ってたし、

オープニングの拳さんのシーンのせいで

ずっと重い気持ちで観ていたりして・・・。(^_^;)

でも、今回は気持ちよく楽しませていただきました!!

小栗旬くんにはシビレまくり~~(>_<)

みんなも超カッコイイ~~!!!

ライブとシンクロするオープニングタイトルは鳥肌もん。

台詞も小道具もちゃんと伏線があってちっとも無駄がない。

熱くて、ストレートで、爽やかで、

なんか男っていいなぁ~~と男の人が羨ましく思える。

エンディングのライブも最高っす!!!

原作コミック読みたくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年11月 5日 (月)

自虐の詩

久しぶりに号泣でした~(T_T)

コミカルな部分と泣けるツボが絶妙なんです。

五円玉を大事にする気持ちはとってもよくわかる。

熊本さん大好き♪

熊本さんのように私も生きたい。

ラストの幸江の言葉が胸に沁みるね~~。

最近はなんだか邦画に泣かされっぱなしだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年11月 4日 (日)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

昭和30年代を懐かしむ世代なのか、年配のご夫婦らしきカップルの多いこと。

普段はあまり映画館とは縁のなさそうな人たちでスクリーンが一杯になるのは

なんだか嬉しい。(^.^)

映画は続編といえども、

一作目に劣らない数々のエピソードや変わらない温かさに涙腺は緩みっぱなし。

ハンドクリームや色鉛筆、お揃いのワンピ、牛島さんはもちろん、

茶碗と箸持参でお世話になったり、六ちゃんの下駄とか

隅々まで感心させられる。

家族って、血族のことじゃないんだなって、

家族っていいな・・・と温かい気持ちにさせてくれます。

個人的にダメダメな茶川さんは私のツボです♪

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ヘアスプレー

つくづく、自分はミュージカル映画が苦手なんだと思い知らされる。

観終わった後はもの凄い疲労感・・・。

疲れました。(+_+)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 2日 (金)

ルル姫(DVD)

韓国ドラマ、全20話。「パリの恋人」のキム・ジョンウン主演。

題名からはもっとコミカルなラブコメを想像していたのですが、

結構シリアスな感じで、正直、20話はきつかった~~(+_+)

通常面白い韓国ドラマって、イイところで続く・・・みたいな、

それでついつい夜更かししてまで観てしまう訳で。

だから20話とか長くても観ていられるんだけど、

ルル姫は名前負けってところでしょうか。(^_^;)

終盤、『信じているけど、今は口に出して言えないの』って台詞には興ざめ・・・。

ストレス溜まりました~~~(~_~;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »