« ヘアスプレー | トップページ | 自虐の詩 »

2007年11月 4日 (日)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

昭和30年代を懐かしむ世代なのか、年配のご夫婦らしきカップルの多いこと。

普段はあまり映画館とは縁のなさそうな人たちでスクリーンが一杯になるのは

なんだか嬉しい。(^.^)

映画は続編といえども、

一作目に劣らない数々のエピソードや変わらない温かさに涙腺は緩みっぱなし。

ハンドクリームや色鉛筆、お揃いのワンピ、牛島さんはもちろん、

茶碗と箸持参でお世話になったり、六ちゃんの下駄とか

隅々まで感心させられる。

家族って、血族のことじゃないんだなって、

家族っていいな・・・と温かい気持ちにさせてくれます。

個人的にダメダメな茶川さんは私のツボです♪

|

« ヘアスプレー | トップページ | 自虐の詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100269/16976509

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS 続・三丁目の夕日:

» 三丁目の夕日の昭和ロマン【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 [三丁目の夕日の昭和ロマン【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 ]
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」と昭和ロマン「ALWAYS 三丁目の夕日」シニアの生き方、そんなことを考えているときこの映画に出会いました。三丁目の夕日、第1作を一人で2時間DVDを見てすぐ続編も見たくなり、封切間もない続編を次の日映画館で見たのです。...... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 23時09分

» 映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
始まりは、昭和34年の東京に地震があったのかと思わされるが、すぐにゴジラのテーマでそれと気付かされる、ミエを切るゴジラというのもなんだか可愛い・・・ 前半は細切れのシーンが続いて、やはり続編では前作ほどの感動も涙も味わうことはないのかなと思いながら観てい... [続きを読む]

受信: 2007年11月23日 (金) 00時46分

» 三丁目の夕日の昭和ロマンCG【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 [三丁目の夕日の昭和ロマンCG【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 ]
三丁目の夕日のCGは主役【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】三丁目の夕日映画でのCGが映像化した東京の風景は現在の東京の姿とあまりにも違うことに視覚を通して気づかせます。東京タワーの真下の下町が主たる舞台ですが、現在のその町を知るだけに、40年間で変わった...... [続きを読む]

受信: 2007年12月 1日 (土) 22時49分

« ヘアスプレー | トップページ | 自虐の詩 »