« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月29日 (月)

スターダスト

久々に当った試写会で観てきました。(*^^)v

私は「エラゴン」が苦手だったから、なんとなくお金を払って観るのはどうも・・・と思っていました。

ところが、

やはり映画って実際観てみないとわからないもんです。

すっごい楽しめちゃいました。

ロバート・デ・ニーロのあんな姿も見られるし(笑)

女としては若さの欲しい魔女たちの気持ちも分かるし(^_^;)、

七兄弟は憎めないし、

結末も大満足\(^o^)/

深く考えずに映像を楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インベージョン

面白かったなぁ~。(^.^)

二コール・キッドマンは美しいし、ダニエル・クレイグも素敵でした。

二人の距離感も好感持てた。

私的に一番面白かったのはその感染の方法。

思わず笑っちゃいました。

戦争や暴力が無くなる時は人間が人間でなくなる時なのか・・(~_~;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私たちの幸せな時間

場内でもすすり泣きが多かったし、私も確かに泣けた。

でも、こういうのは好きじゃない。

なんで死刑なんだ?!警察や弁護士は何してる??

どうせなら彼が真犯人の方がまし。

子供の頃からの不幸さえもなんだか作為を感じてしまう。

一体どこまで不幸にすれば気が済むんだ(怒)

私ってひねくれてるのかな・・・(~_~;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グッド・シェパード

CIA誕生秘話ということですが、難しいお話でした~(~_~;)

よく分かったのは、情報が漏れた犯人と、花嫁の結末。

怖い世界ですね~(@_@;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ミス・ポター

レニー・ゼルウィガーは大好きなんですけど、

この役はちょっと・・・でした(^_^;)

でも、ピーターラビットの作者について知ることができてよかった。(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 8日 (月)

隣人13号(DVD)

キモかったです~~中村獅童さん。(^_^;)

小栗旬くんが二役でなくて本当によかった(爆)

それと異様にデカイう○○は見たくなかったですけどね( 一一)

ラストはどう解釈してよいものか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

変身(DVD)

脳移植ですか・・・。

実際には不可能でしょうけど、

移植した脳に支配されていくという発想は面白かった。

女性の好みだって変わってしまう訳で・・・それは右脳だから??

好きな人から突然嫌われるのは悲しいよぉ~(T_T)

なんの罪もない人間がある日突然事故(事件)に巻き込まれるという、

そんな怖さは現実的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらん(DVD)

どんなに華やかに魅せてくれても、

やっぱり最後は虚しさでいっぱい・・・落ち込むわぁ~。

安藤政信さんは、ジャンゴを観たあとだったからすっごく素敵に見えました。(^_^;)

木村さんの濡れ場シーンはかなりドッキリ(@_@;)

でも、出ている肩が逆だったのが妙に気になって・・・。

こういうところ、繋げて欲しいですわ~。

花屋さんかわいかった!!(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ローグ アサシン

すっかり騙されてしまいました~~~!

「これってヤクザ映画だったのか・・・」と、片言の日本語を字幕読みながら理解するのに必死で(笑)

ローグの正体なんて考えもしませんでした。(>_<)

ステイサムのファンとしてはラストをもっとカッコよく、感動的に撮ってくれたらよかったのになぁ・・・あっけなくて残念(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

クローズド・ノート

映画本編よりも、何かと話題の「クローズド・ノート」。

私はこの映画好きです~(^.^)

原作本を読んでいなくても、予告編で大体の予想はつきました。

それでもストーリーが魅力的だったのは、やはりその日記にあると思う。

生徒への思いやりに溢れた日記。

タカシ・・との爽やかな恋愛。

伊吹先生のあったかい人柄に胸をうたれる。

日記を読んでしまう香恵も素直なかわいらしい女性。

マンドリンの美しい音色も物語に合っていました。

雰囲気も色もやさしくてとっても好き♪

YUIの歌もよかったな~。

伊吹先生・・・

そんな大切な頁、飛ばしちゃダメだって~~(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »