« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月27日 (月)

復活

韓国ドラマ、全24話。

2005年、「復活パニック」という社会現象を巻き起こしたという話題のドラマ。

オム・テウンが双子の兄弟の二役を演じてるんだけど、これがただの二役じゃない。

20年前に父を殺され、20年振りに再会した双子の弟もまた兄と間違われて殺され、

そして兄は復讐を果たすため、性格も育った環境も違う弟になりかわり生きる。

しかも、兄には恋人がいて、弟には婚約者がいたりする訳で、

なんともスリリングな展開が面白い。(^.^)

オム・テウンがとっても上手いので、復讐する兄の苦悩と悲しみに何度も胸が痛くなりました。(T_T)

それに、最終話の彼はゾクゾクするくらい素敵!!(#^.^#)

ラブストーリーだけじゃ物足りない人、必見の価値ありです♪

| | コメント (2) | トラックバック (2)

百万長者の初恋(DVD)

ヒョンビンとヨンヒのカップルが爽やかで、美しくって、

黄金色の風景も童話の世界のようでした。

そう、童話と思った方が楽しめるかもしれません。

ヨンヒは『復活』のシニョンだったんですねぇ(@_@;)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月25日 (土)

キサラギ

映画って本当に面白いと思う。

何億も費やした大作ももちろん映画の醍醐味だけれど、

この「キサラギ」のように、たった5人の密室劇でも

こんなに笑えて楽しいし、緻密で巧妙なストーリーに驚かされっぱなし。(@_@;)

謎解きが繋がったときの満足感はこの上なし。

小栗旬くんは若いキム・レウォンによく似てますね~(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

河童のクゥと夏休み

油断してました~~(~_~;)

子供向けアニメにしてはなんともシリアスでリアル。

人間の愚かさ醜さがこうまで浮き彫りになっているとは・・・。

唯一泣かされたのは『おっさん』。

うちにも雑種犬がいるけど、ちょっと見方が変わりそう。(^_^;)

ラストになって、やっとホッとさせられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

トランスフォーマー

こんなに興奮したのは久しぶり♪

スゴイ映像でした~~\(^o^)/

こういう映画はやはり映画館の大画面で観たい。

ストーリー的には笑っちゃうところもあるし、キューブを持って走るシーンは興ざめだったけどね(^_^;)

でも、キルビルのシーンは超興奮(笑)

もう一回観たいっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レミーのおいしいレストラン

面白かった~~\(^o^)/

正直最初はネズミってことで引いてましたが、

そのかわいさと賢さに次第に好意さえ持ってしまいました(笑)

美味しい料理って、愛情そのものだと常々思っている自分には

すごく勉強にもなったし(*^^)v

ラタトゥイユのシーンは鳥肌もんでした(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイ・ハード4.0

シリーズ4作目ってどうよ??

などという不安は全く不要でした。(^_^;)

そんな無茶な・・・なんてことは考えず(笑)、頭を空っぽにして楽しめます。

それにしても、サイバーテロってこわっ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

TOHOシネマズ サンストリート浜北

浜松市に2つめのシネコン誕生。\(^o^)/

早速チェックに行って参りました。

専門店街の3FのフロアすべてがTOHOシネマズ。

広いフロア空間がとっても気持ちいいんだけれど、チケット販売ブースが少ないかも??

やはりピンポイントでネット予約が可能になっているから

なるべくネットを利用してってことかな??(^_^;)

さて、肝心なスクリーンはというと・・・

まだ1本しか観ていないので、もう少し観てから詳しく書きたいと思います。

このサンストリート浜北はなんといっても駐車料金無料!!

一日に3本観たりする自分にはとっても有難い。

上映作品はもとより、居心地のよい場所であって欲しいなと期待しています。

でもね、いつも利用しているザザシティ浜松のTOHOシネマズはスクリーンがとっても観易いと改めて感心いたしました。

もともとヴァージンシネマズだったシネコンですが、スクリーンと座席シートの位置が絶妙だと思います。

その観易さに慣れてしまっているから、サンストリート浜北ではちょっと戸惑いそうです。

一番広いスクリーン1で早く観て見たいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »