« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

兄嫁は19歳

韓国ドラマ、全16話。

もっとお気軽なラブコメと思いきや、以外とハード。(^_^;)

もうね、泣かされます。気持ちよく。

ユン・ゲサンくん、とってもイイです(^^♪

それにしても惜しいのはチョン・ダビン。

このかわいらしい笑顔がもう見られないなんて・・・・(T_T)

心からご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

憑神(つきがみ)

エンドロールの『御利益』が頭から離れません(笑)

何しろ、フィルムを戻してる間、エンドレスで曲が流れていましたから・・・(^^)v

嬉しかったですね~~米米クラブ♪♪

映画はとにかくキャストが豪華。それだけでも楽しめます。

私的にラストはちょっと気に入りませんが、

落語と思えば仕方ありません。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

ハニー&ダーリン(DVD)

喧嘩の原因はとってもポピュラー。

もちろん夫の方が悪いとは思うけれど、

この程度が乗り切れないなら結婚生活は続かない。

これに浮気や暴力が入ったらもう即離婚だけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虹の女神(DVD)

自分だったら絶対に告白する。

気持ちも伝えずにアメリカ行くなんて絶対にしない。

気持ちを伝えて、ダメでもいいじゃん。

ばかだなぁ・・・ふたりとも。(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸福のスイッチ(DVD)

ひねくれた怜ちゃんに何度ムカついたことか・・・(^_^;)

終わりよければ・・・とはいかないわ。

ともあれ、『お客様を大事にする』気持ちは勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地下鉄(メトロ)に乗って(DVD)

よもやこんなお話が隠されていようとは夢にも思いませんでした(@_@;)

みちこの決意と行動に胸を打たれ・・・

そしてちょっぴり、不倫に憧れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

ファンタスティック カップル

韓国ドラマ、全16話。

韓国って、どうしてこんな面白いドラマを作るんでしょう??

こんなハチャメチャとも言える設定は日本ではなかなかありません。

チョ・アンナ最高です。

ナ・サンシルはかわいくって、かわいそうで、何度も胸が痛みました。

カンジャもいいキャラだし。(^_^;)

ただ、ラストをもっと丁寧に描いて欲しかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェオクの剣(DVD)

韓国ドラマ、全14話。

地上波放送時はちっとも縁がなくて観ていなかった。

韓国にしては珍しく、14話と短いのが嬉しい。

短いから展開もスピーディー。

なんといっても、「火の鳥」のイ・ソジンがとってもイイの。(*^_^*)

武官のお姿がよく似合っています。

『○○がいなければ生きて行けない』

そんな熱い愛が羨ましかったな・・・・。

これでチャングムのようにハッピーエンドだったらよかったのに。(>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

シュレック3

シュレックは、初恋の人に似ているからなんだか他人のような気がしない(笑)

ほっとけない(笑)

それにドンキーも猫ちゃんも、クッキーマンだって大好きなキャラ。

今回もシュレックはいい奴です。(*^_^*)

頭空っぽにして楽しめます。

初恋の彼も・・・幸せだといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傷だらけの男たち

トニー・レオンが超クーール!!\(◎o◎)/!

眼鏡が冷酷さを一層引き立てます。

金城武・・・まだまだ青いな。(^_^;)

そしてスー・チー。彼女だけは勘弁して欲しかった。

何故なら、「ラブ・イズ・マネー」(←ラブコメだし)でトニー・レオンと共演しているから

思い出しちゃって、折角の香港ノワールの雰囲気ぶち壊し。(ーー;)

傷だらけの男たち・・・

でも、2人の男の傷の重さは違い過ぎるでしょ?

1人は立ち直り幸せを掴むけれど、もう1人は・・・・(>_<)

それは無理もないって思えました。

自殺と他殺じゃえらい違いです。

失望のうちに亡くなった妻が一番気の毒かも。

それと、ラストは銃声だけで充分だったのに・・・ちと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

プレステージ

何が何やらよくわからぬまま・・・まんまとトリックにしてやられました。

これって案外2回目の方が楽しめるかもしれません。

懐かしかったデヴィッド・ボウイ、素敵でしたね~~~(*^_^*)

そしてクリスチャン・ベールファンの私には嬉しいラストでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »