« エラゴン 遺志を継ぐ者 | トップページ | のだめカンタービレ »

2006年12月26日 (火)

シャーロットのおくりもの

実は全く期待していなかった作品。蜘蛛も苦手。(泣)

フリーパスだから(仕方なく)観ることに・・・・それも、吹替えで(ー_ー)!!

ところが、これがとってもよかったのです。\(^o^)/

決してお子ちゃま向けというのでなく、大人でも心から楽しめるほど丁寧に作られています。

冒頭のシーンも大好きだし、ネズミの巣だって凝ってました。

吹替えに関西弁が入っていたりして、これがまた可笑しいのなんの。

あのカラスは吹替えの方が楽しめるかもね(^.^)

それにしても、あの動物たちはどこまでが本物なのでしょう??

とにかくよく出来ています。

大人にも子供にもおすすめしたい映画です!!!

|

« エラゴン 遺志を継ぐ者 | トップページ | のだめカンタービレ »

コメント

突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2006年12月26日 (火) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100269/13203574

この記事へのトラックバック一覧です: シャーロットのおくりもの:

» 映画「シャーロットのおくりもの」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Charlotte's Web 原作:E.B.ホワイト『シャーロットのおくりもの』 児童文学ながら世界中で4,500万部というElwyn Brooks White『シャーロットのおくりもの』の映画化、・・蜘蛛に泣かされるなんて自己嫌悪に陥ってしまう・・ 農家の娘ファーン(ダコタ・ファニング)は... [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 14時03分

» 【劇場映画】 シャーロットのおくりもの [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 田舎町の農家で11匹の子ブタが生まれる。母ブタの乳は10個しかなく、一番小さな1匹が命を奪われそうになる。それを見かねた少女ファーンは、その子ブタにウィルバーと名付け自ら母親代わりとなる。やがてウィルバーはほかの動物たちとも友だちになり、とりわけ優しいクモのシャーロットと仲良くなる。シャーロットは、クリスマスのハムになってしまうことを恐れるウィルバーに、言葉の贈り物をするのだった。(goo映画より) ベストセラーの童話の映画化。 事前情報ほとんど無いまま見に行ったのですが、... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 11時23分

» 「シャーロットのおくりもの」みてきました。 [よしなしごと]
 55年前に原作が書かれ、35年ぶりに実写版としてリメイクされた感動の物語シャーロットのおくりものを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 00時57分

« エラゴン 遺志を継ぐ者 | トップページ | のだめカンタービレ »