« 父親たちの星条旗 | トップページ | 椿山課長の七日間 »

2006年12月10日 (日)

サッド・ムービー

タイトルから想像されるいわゆる『号泣』ではなくて、

心が温かくなって静かに涙が出てくる感じ・・・(:_;)

「ごめん、愛してる」や「アメノナカノ青空」ではかわいい乙女役のイム・スジョンでしたが、

『姉』という設定もあって、とっても大人なイメージがよかったし、

『妹』のシン・ミナがまたとってもかわいいのです♪

「甘い人生」からまた成長したなって感じ。(^^)/

思いを寄せる絵描きさんは「ラブストーリー」のイ・ギウ。

カッコイイじゃん(@_@。

チョン・ウソンの消防士は似合いすぎる~(>_<)

このカップルには幸せになって欲しかったな・・・。

|

« 父親たちの星条旗 | トップページ | 椿山課長の七日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100269/13015291

この記事へのトラックバック一覧です: サッド・ムービー:

» 映画「Sad Movie <サッド・ムービー>」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:sad movie その年、梅雨はいつもより早くやってきた。レジで働く彼女を遠目に、自分の姿はウィンドウに重ねて、・・別れを告げる・・残された少し壊れた傘が物悲しい・・・ 愛の高まりに至るとき、訪れる悲しい別れ、人生の悲哀が胸に迫り心に痛い。4組8人の愛情と別離... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 01時46分

« 父親たちの星条旗 | トップページ | 椿山課長の七日間 »