« ホワイト・バレンタイン(DVD) | トップページ | M:i:Ⅲ »

2006年7月13日 (木)

わが家(DVD)

ユ・ミンは韓国男性に好かれる顔だと聞いたことがあります。

韓国人ならずとも、障害者を演じる彼女はとても好感持てました。

テシルは「誰ひみ」の三女でしたけど、テシル役のかわいいこと。

そして13話からとってつけたように出てくるキム・レウォンによって、

ドラマがひきしまったようにも感じられ、さすがの存在感でした。

キム・ジェウォンにキム・レウォン、どっちもいいな~~~(>_<)

|

« ホワイト・バレンタイン(DVD) | トップページ | M:i:Ⅲ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100269/10917990

この記事へのトラックバック一覧です: わが家(DVD):

« ホワイト・バレンタイン(DVD) | トップページ | M:i:Ⅲ »