« 結婚記念日 | トップページ | ワン・モア・キス(DVD) »

2006年2月16日 (木)

Dearフランキー(その2)

どうしても観たくなって再びレンタル。これはもう買うっきゃない。(^_^;)

監督さんは女性なんですね~。ショーナ・オーバック。

この作品で2004年度英アカデミー賞新人賞もうなづけます。

監督のコメンタリーがまた興味深い。

編集しながら泣いてしまったり、別れのシーンでは現場で泣いてしまったりと

そんな感性豊かな女性だからこその繊細で素敵な映画が生まれたのでしょう。

今後の作品も楽しみです。

さて、ストレンジャー役については、携帯サイトでインタビューを読んだところによると、

人物のバックストーリーも作り上げて役作りしたらしい。

愛を失い悲しみでいっぱいの人生を送っていた男。本当は思いやりに溢れた人物だけれど悲しみから自分の感情を閉じ込めていたために気持ちの表現がうまくできない・・・

たとえばそんなことを想像しながら観るととっても面白いね。

素敵なキスシーン大好きです♪

|

« 結婚記念日 | トップページ | ワン・モア・キス(DVD) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100269/8695472

この記事へのトラックバック一覧です: Dearフランキー(その2):

» Dear フランキー [tosiブロ 物欲優等生 ]
とても優しいお話。 [続きを読む]

受信: 2006年2月20日 (月) 13時04分

« 結婚記念日 | トップページ | ワン・モア・キス(DVD) »