« 男たちの大和 | トップページ | THE有頂天ホテル »

2006年1月15日 (日)

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

とても楽しみにしていた作品。

グウィネス・パルトロウがとっても良かった~。

私の知る出演作の中では一番かな。

今なのか過去なのか、頭の中で必死に整理しながら観ました。(笑)

ハル役のジェイク・ギレンホールも素敵でした。

ベッドで泣いてしまったり、翌朝のぎこちない会話、握りしめてた鍵を渡すまでの気持ち・・・。

そんな表情や会話がとても好き♪

純粋だけど生きるのが不器用な彼女を救ったのは、

世紀の大発見ではなく、愛だったのね~(T_T)

『ニューヨークにいってはダメーっ!』と何度心の中で叫んだことか(^_^;)

素敵な映画でした。

|

« 男たちの大和 | トップページ | THE有頂天ホテル »

コメント

はじめまして
TBさせていただきました。
もうちょっと感傷に浸らせて欲しかった~。
なんかみたあとじわっときました。

投稿: amuk | 2006年1月16日 (月) 15時42分

>amukさん、

コメントありがとうございます。
私もTB&コメントさせていただきました。
グウィネスが素晴らしかったですね~。

投稿: uni | 2006年1月17日 (火) 07時32分

TBありがとうございます。

「今なのか過去なのか」混乱する映画なんですか。。。
僕も苦手だなあそういうの。

停止/再生が可能なDVD化待ちですね。

次号ビッグイシューにはジェイクギレンホールのインタビューが載るそうです。

投稿: 宮崎 | 2006年2月26日 (日) 23時17分

>宮崎さん

コメントありがとうございます。
DVDで是非ご覧になってくださいね。
素敵な映画です。
ジェイクは作品毎に磨きがかかっているように思います。
今後も楽しみな役者さんですよね。

投稿: uni | 2006年3月 1日 (水) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100269/8176299

この記事へのトラックバック一覧です: プルーフ・オブ・マイ・ライフ:

» 映画 プルーフ・オブ・マイ・ライフ [ららら★E!blog*自分TV*amuk]
proof of my life いつも、先入観でみないようにするため、あまり情 [続きを読む]

受信: 2006年1月16日 (月) 15時41分

» 「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」生き方の証明はできない [soramove]
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」★★★☆ グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホール主演 ジョン・マッデン監督、2005年アメリカ 芸達者な3人が 心の内面を感情豊かに演じている。 丁度今、 「博士の愛した数式」を読んでいる...... [続きを読む]

受信: 2006年1月31日 (火) 21時58分

» ■43号 グイネス・パルトロウ インタビュー等 [ビッグイシュー応援団(第二期)]
オスカー女優の最新作は舞台がオリジナル。 舞台と映画の違い、演技の見どころなどを語ります。 もう一つのインタビューはSystem of a Down。 累計アルバムセールスが1000万枚のこのバンド。 ソングライターの想像力の源泉は「父親の口癖」にあったようです。... [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 16時22分

» プルーフ・オブ・マイ・ライフ [シネクリシェ]
 アクションサスペンスの女王がジョディ・フォスターならば、情緒不安定な女を演じさせれば第一級なのがグウィネス・パルトロウといえるでしょう。 [続きを読む]

受信: 2006年2月25日 (土) 15時50分

» プルーフ・オブ・マイ・ライフ [toe@cinematiclife]
ジョン・マッデン監督の『恋におちたシェークスピア』が大好きで。 その監督の新作に出演するのが、『恋に落ちた~』に続いてのグウィネスの他、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホールと豪華な顔ぶれで、それだけでも見る価値ありなんだよね。 まぁ、それなりに面白い話ではあったんだけど、結局、この映画を見る価値は、その俳優たちの共演にしかなく(^^;) なんとなく“一口食いたりない感”が残ったんだなぁ。... [続きを読む]

受信: 2006年3月 2日 (木) 01時10分

« 男たちの大和 | トップページ | THE有頂天ホテル »