« ザ・インタープリター | トップページ | オー!マイDJ(DVD) »

2005年5月23日 (月)

キングダム・オブ・ヘブン

なんといっても監督リドリー・スコットですから!!

遅い時間のレイトショーだから「寝てしまうかも?」なんていう心配は不要でした。

映画化するにはとても難しそうな題材と思うのですが、

さすがに迫力満点だったし、うまくまとまっていると思う。

こうして観終わってから、じわじわと感動してる・・・。

今も続く遠いエルサレムの争いが、ちょっぴり身近に感じることができた。

バリアンの意思と言葉はそっくり現代の愚かな紛争にもいえること。

これはリドリー・スコット監督なりの反戦映画なのかな。

私的にはパリアンの「鍛冶屋」っちゅー役どころがツボでした。(^.^)

それと、王女の顔不気味すぎなんじゃ??(^_^;)

|

« ザ・インタープリター | トップページ | オー!マイDJ(DVD) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100269/4242575

この記事へのトラックバック一覧です: キングダム・オブ・ヘブン:

» キングダム・オブ・ヘブン [In my opinion・・・]
ようやく新作映画です。それもオーランド・プルーム主演の超大作「キングダム・オブ・ヘブン」です(^^)//""""""パチパチ テレビなどメディアで宣伝の大攻勢で観ないと損するぞ!みたいなノリで盛んに連日テレビで見かけますね。 でも、歴史超大作にしては残念ながら消化不... [続きを読む]

受信: 2005年5月25日 (水) 23時18分

« ザ・インタープリター | トップページ | オー!マイDJ(DVD) »